• ホーム
  • 死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く
死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く
  • この作品をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • line

死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く

  • 原作彩峰舞人
  • 作画松風水蓮
  • キャラクターデザインシエラ

STORY

深い森の神殿で偶然死神に拾われた少女オリビア。様々な知識と戦闘技術を叩き込まれた彼女は、15歳を迎えた日から戦場に解き放たれる! 銀の髪をなびかせ、漆黒の剣を携えた少女英雄譚。

全部見る
閉じる

COMIC

第三十三③

33話

第三十三③

第三十三②

33話

第三十三②

第三十三①

33話

第三十三①

第二章②

2話

第二章②

もっと見る
第二章①

2話

第二章①

第一章②

1話

第一章②

第一章①

1話

第一章①

CHARACTERS

  • オリビア

    オリビア

    赤子の時、朽ちた神殿で死神に拾われ、様々な知識と戦闘技術をたたき込まれる。15歳の誕生日に姿を消した死神の手掛かりを求め、志願兵として王国軍へ。

  • アシュトン・ゼーネフィルダー

    アシュトン・ゼーネフィルダー

    比較的裕福な商家の長男。穏やかで割と単純な性格。学問が好きで、王都でも最難関と謳われる学院に通っていたが、相次ぐ王国軍の敗北を受けて徴兵される。

BUY NOW

  • 死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く 5

    死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く 5

    購入する

    オリビア少佐、ご立腹で進軍中! この美しき化け物は止まらない!!

    北方戦線援軍のため独立騎兵連隊を率いて城郭都市エムリードを目指すオリビア。死神ゼットの手がかりを王都で見つけられると思い意気揚々と出発のはずが、砂漠を抜けるルートになってしまいオリビアはややご立腹で進軍することに……。その鬱憤を晴らすかのようにオリビアの剣が冴えわたり、立ちはだかる帝国の刺客は次々と血飛沫とともに散っていく。WEB小説発の少女英雄戦記第5弾!

    死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く 5

    閉じる
    • カドカワストア
    • BOOK WALKER
    • アニメイト
    • アマゾン
    • honto
    • 紀伊国屋書店
    • 楽天ブックス
  • 死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く 4

    死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く 4

    購入する

    新たな戦場で少女を待つのは、復讐に燃える帝国最強の女!

    死神から授かった漆黒の剣を手に戦場を駆け、ファーネスト王国の南方戦線に勝利をもたらした銀髪の少女・オリビア。久方ぶりの勝利に浮かれる王国だったが、間を置かずして舞い込んだのは、北方戦線を維持していた第三・第四軍壊滅の報だった。状況を打破すべく、オリビアの第七軍は制圧された地域奪還の命を受け、北方戦線へと進軍を開始する。一方、帝国軍の指揮を執る帝国三将の一人にして紅の騎士団を率いるローゼンマリーは、かつての上官オスヴァンヌの仇を討つべくオリビアを待ち受ける――。ますます注目の少女英雄戦記、コミック第4弾!

    死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く 4

    閉じる
    • カドカワストア
    • BOOK WALKER
    • アニメイト
    • アマゾン
    • honto
    • 紀伊国屋書店
    • 楽天ブックス
  • 死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く 3

    死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く 3

    購入する

    銀髪の戦乙女に、戦場が驚愕する――。

    イリス平原での王国と帝国の激闘は、オリビアたち別働隊が帝国軍大将オスヴァンヌを討ち取ったことで、王国の勝利に終わった。英雄となったオリビアは帝国の守りの要所であるカスパー砦攻略という新たな任務に挑む。アシュトンのアイデアで別働隊が砦に陽動をかけ、その隙に内部に侵入したオリビアは単身で敵司令官の討伐に向かう。彼女がその黒き剣を振るたび、砦内は恐怖がいや増していく――。ますます大好評の少女英雄戦記、コミック第3弾!

    死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く 3

    閉じる
    • カドカワストア
    • BOOK WALKER
    • アニメイト
    • アマゾン
    • honto
    • 紀伊国屋書店
    • 楽天ブックス

RECOMMENDED

  • Unnamed Memory
  • 108回殺された悪役令嬢 すべてを思い出したので、乙女はルビーでキセキします